目元や頬に濃くて大きいシミがあり毎朝ベースメイクでカバーするのが大変、加齢に伴いシミやくすみが濃くなってきたような気がする、シミがあるせいで顔の雰囲気が暗くなり老けた印象になってしまう、小さくて薄いシミが大きくて濃いシミに変わっていくことに不安感を覚えるなどの悩みがある女性は多いのではないでしょうか。

エイジングサイン

肌の確認
シミはエイジングサインでもあるため、目立つ場所にあると見た目年齢を大きく押し上げてしまう原因にもなります。正しいケアをして、まずはシミが出来ないように予防に努めることが肝心です。そこで重要になってくるのが、紫外線対策です。

シミが出来る原因

日差し
シミが出来る原因には様々なものがありますが、その中でも最も大きな原因となるのが紫外線です。紫外線を浴びることが肌へのダメージとなり、ダメージを受けた肌はメラノサイトからメラニンを生成します。生成されたメラニンの色素沈着により、シミが出来てしまうというメカニズムです。紫外線は季節を問わず年中降り注いでいますので、夏場だけ気をつければ良いというわけではありません。

紫外線対策

紫外線対策
春先から降り注ぐ量が多くなり、真夏にピークとなります。多い状態は秋口まで続きますので、油断は禁物です。効果的な紫外線対策の方法についてですが、UVカット効果の指標となるSPFやPAの数値が高い日焼け止めクリームを塗る、UVケア効果が高い基礎化粧品やベースメイクアイテムを使用する、つばが広いハットをかぶったりUVカット加工がなされている日傘をさしたりする、ビタミンCをたっぷりと摂ってメラニンの色素沈着を抑える、保湿ケアをしっかりと行いメラニンの色素沈着が起こりにくい肌環境をつくるなどがあります。

物理的な対策や内側からのケア

日焼け止めクリームやUVケア化粧品や帽子や日傘などによる物理的な対策に加えて、ビタミンCの摂取や保湿ケアなどの内側からのケアもきちんと行うことが大切なポイントとなります。ビタミンCは、強力な抗酸化作用を持つ水溶性のビタミンです。果物や野菜などに豊富に含まれています。抗酸化作用によりメラニンの色素沈着を抑制することが出来れば、シミ予防に直結します。水溶性のビタミンなので、体の中に長くとどめておくことが出来ません。

紫外線対策注意点

体の中で使われなかった分は尿として全て排出されるからです。ですので、サプリメントで1日数回に分けて少しずつこまめに摂取するのが効果的です。保湿ケアもシミ予防には欠かせません。肌が潤い角質のバリア機能が向上することで、メラニンの色素沈着が起こりにくくなり、それがシミ予防につながるという仕組みです。外側からの物理的な対策と内側からのケアで、シミの無い透明感のある美肌を目指しましょう。