美しい肌を保つために欠かせないものの一つとして、化粧水が挙げられます。季節の変わり目になると特に、紫外線や花粉、温度や湿度の変化によって、肌トラブルも発生しやすくなるでしょう。このようなときには、スキンケアの見直しを考える人も多くなるものです。

肌荒れを起こす原因

肌確認
特に三月や四月、九月から十一月にかけては、平均気温もかなり変わることから、肌や体はかなりのストレスを受けていることにもなります。季節が変わることで、普段は問題なく使うことができていたスキンケア用品やメイクアイテムが、突然肌に合わなくなってしまうこともあるものです。さまざまな種類があって、どれを選べばよいのかわからないという人も多いかもしれませんが、自分の肌に合うものを見つけたいところです。

自分の肌に合う化粧水の選び方

自分の肌に合う化粧水の選び方としては、まず最初に自分の肌のタイプを知ることが重要です。肌のタイプは大きく分けると普通肌と混合肌、脂性肌と乾燥肌、最後に敏感肌と五つに分かれます。洗顔した後に何も付けずに10秒ほど放置し、その肌から自分の肌がどのようなタイプなのかを診断することができるでしょう。 まず普通肌の場合ですが、肌の水分と皮脂のバランスが良くて、肌トラブルが少ない状態といえます。

肌タイプの種類

肌化粧水
このような肌の人は、自分の好みで選んでも問題ありません。肌の状態が良ければ、行き過ぎた手入れは必要ないので、水分を中心に補うことを心がけましょう。日本人に一番多い肌タイプが混合肌です。脂っこい部分と乾燥する部分が混在するので、脂性肌だと勘違いしてしまう人が多いかもしれません。Tゾーンが脂っぽくてかりやすく、Uゾーンは乾燥しがちで荒れやすい特徴があります。混合肌の場合には、脂っぽくなってしまうからと、保湿効果の高いものを避けがちかもしれませんが、水分不足が原因となって皮脂が過剰分泌しているケースも見られます。刺激に反応しやすいことから、できる限り低刺激で、自然由来の化粧水を選ぶとあまり失敗することはないでしょう。

そして皮脂の分泌が過剰になって、ニキビや毛穴などの肌トラブルが起こりやすい肌を脂性肌といいます。保湿をするとてかってしまうので、さっぱり系の化粧水やふき取り化粧水などを使う人が多く見られますが、実際には肌が乾燥していて、これを補おうと皮脂が大量に分泌されている可能性もあります。皮脂を取り過ぎずに保湿をしっかりすることで、改善につながる可能性もあるでしょうそして乾燥肌は肌を刺激しないようにシンプルなケアを行うことが大切です。最後に敏感肌は保湿効果が高くて、刺激の少ないものを選ぶと良いでしょう。