すこやかで美しい肌を保っていくためにも、毎日の洗顔の仕方は非常に重要です。てかてかしたり毛穴がぼつぼつと汚い肌になっていたり、大人ニキビを繰り返している、毛穴の黒ずみやたるみが目立っているなどの症状が見られれば、毎日の洗顔が間違っている可能性もあります。

洗顔の重要性

洗顔
多くの場合、夜に洗うことが多いでしょう。1日をばたばたと過ごし、めんどくさい、早く終わらせたいという思いから、適当に洗って終わりにしている人も多いかもしれませんが、このような洗い方がよいはずもありません。正しくおこなわなければ、反対に肌にストレスを与えることにもなります。毎日のことだからこそ、正しい方法を積み重ねていくことによって、肌が生まれ変わっていくことにもなります。

洗顔の泡の基本

泡立てる
正しい洗顔の仕方として気をつけたいことは、泡と力加減、お湯の温度の三つです。まず第一に、しっかりと洗顔料を泡立てることが大切です。泡のクッションを使い、肌との摩擦を防ぐようにしましょう。目安としては、手を逆さにしても落ちないぐらいの濃密さです。吸着力の高い泡によって、古い角質や毛穴の汚れを除去することができます。

洗い方の基本

洗う時には、泡をクッションにしながら、優しく肌に触れるようにします。理想としては、肌が動かないほどの弱い力とされています。特に方法は面積が広いことから、勢いよく洗ってしまいがちなので十分に注意しましょう。

すすぎの基本

洗顔すすぎ
すすぎの時には、30度から34度ほどのぬるま湯を使って優しくすすぎます。冷たい水ですすぐのはよくありません。反対に入浴中の洗顔は、湯の温度が高くなりやすいので注意をしましょう。ぬるま湯で優しくすすぐことを心掛けます。 具体的な洗い方としては、まずあごに泡をのせて、次に脂っぽいTゾーンを、また角質がたまりやすいフェイスラインを洗っていきます。続いてUゾーンも洗いますが、皮脂の分泌の少ない部分なので、さっと泡を行きわたらせる程度で洗います。全体に合わないき届いたら、丁寧にすすぎを行いましょう。流し残しが発生しやすい生え際やフェイスラインは手に水をため、念入りにすすいでいきます。

保湿の基本

保湿
そして顔を洗った後にかかすことのできないものが保湿です。正しい保湿の仕方としては、顔を洗った後に直ちに行います。顔を洗った後は肌が乾燥しやすくなっているので、速やかに保湿ケアを行うのが望ましいです。化粧水で肌に水分を補い肌を柔らかく整えたら、美容液や乳液、クリームなどで保湿成分や油分を補っていきます。化粧水や乳液は適量を守って、肌の隅々まで行き渡らせるように意識しましょう。ビオメディエッセンスクリームがオススメです。詳しくはこちらから