髪の毛は相手に初めの印象を与えるため、容姿の中でもかなり重要な要素だと言われています。確かに、街中を歩いていて妙な髪型の人を見かけるとこの人はどのような人なのだろうと、関心を持ってしまうケースが多いのではないでしょうか。反対に、一般的なヘアスタイルであれば特に気に留めず良い印象も悪い印象も持たないという人も多くいます。

髪の毛カットの種類

髪を切る
美容師ならば全てのカットの種類を把握していることが基本ですが、詳しくない人は果たしてどれくらいの種類があるのか分からないのではないですか。自分の知らないカットを知ることで、見た目を変えてより一層人生を謳歌できるようになるかもしれません。ここでは、メンズ・レディースを問わず髪の毛カットの種類について説明していきます。

ジャギー

最初に紹介するのは、ジャギーです。これは比較的聞いたり注文をしたことがあるという人が、多いと言われています。どのような時に行うのかというと、長さを変えるときではなく量を調節する際に使われることが多いです。毛を一束掴んで、そこからスキバサミを利用して少しずつ細くしていくというものです。

ドライカット

ドライカットも、専門的な種類として挙げられます。基本的に、カットの際には毛を濡らしてから切ることが多いです。ところが、この方法の場合は濡らさずに乾いた状態で行いますのでその人の本来の髪の状態を把握しながらできるため、普段の生活に適した切り方だとして最近注目を浴びています。終了後に、ドライヤーなどで乾燥させる必要はありませんので時間が無い人や軽く切りたいと思う人におすすめです。

グラデーション

グラデーションカット
特に若者に人気の種類が、グラデーションです。グラデーションとは、徐々に変化をさせていくという特徴があり髪の毛で言うと、細かな段差をつけることで変化をさせていくというものになっています。時間が経つと、ある部分だけ膨らんでしまうという経験をしたことがある人もいるかもしれませんが、グラデーションを注文すると段差によって膨らみを防ぐことができますので、梅雨の時期に膨らみが気になるという人は注文してみるといいかもしれません。

ウルフ

ウルフカット
男性に人気なのが、ウルフです。ウルフとは狼のことで、トップを短くして襟足を長くするためワイルドな印象を与えることができるでしょう。このように、髪の毛を切ると言っても様々なものがありますので、注文をする際に適当にするのではなく事前に自分がどのようなスタイルにしたいのかを確認することが大切です。